膝痛 体重

膝痛と体重の関係は大アリ

膝痛と体重は大いに関係があります。

立ち上がるときに負担がかかるのは、膝の部分です。
体重が重いとどうでしょう。
それだけ、膝に負荷がかかりますからね。

実際、ダイエットしただけで立ち上がり時の膝痛が治ったという方もいます。

立ち上がるだけではありません。
歩く際にも、膝には大きな負担がかかっているのです。

歩くだけで、膝には体重の3倍の負荷がかかると言われています。
体重が50kgの場合は、150kgの負荷が膝にかかるということです。
ですから、重ければ重いほど負荷がかかります。

さらに、階段の上り下りになると、体重の7倍もの負荷がかかると言われています。
これを聞いただけでも、膝の気持ちになるとゾッとします。

今支えてくれている膝を少しでも助けるためにも、太り気味の方はダイエットすべしです。

負荷がそれだけかかると、関節を支えている軟骨が磨り減っていき、O脚になっていきます。

O脚が続くと、膝の内側に負担がもっとかかるようになります。
そして、慢性的な関節痛につながってしまうのです。

ウォーキングすると負荷がどんどんかかって、余計に痛みが増しやすい。
そこで、まずはカロリーを減らしてダイエットするというのがオススメ。

夜食は睡眠によってカロリーがうまく消費されないため、控えめにしてみるといいかもしれません。

痛みが軽い方から脚を出すというのがポイント。



PAGE TOP