膝痛 治療方法

症状の記入

これは、どこの病院でも行うはずです。

具体的にどの部分がどのように痛いかを記入しておきます。
嘘を書いてしまうと、診断の際に診てもらえないので注意してください。

カウンセリングと症状を診る

医師と話をします。

同時に、触ったり押したりして症状を確かめます。
そこで、医師が痛みの部位と原因を考えます。

治療

これは、病院によって違ってきます。

【1.日常生活の注意をする】
比較的、軽い症状の場合、日常生活の注意で終わる場合もあります。
杖を使ってくださいね。体重を落としましょうね。などアドバイスをしてくれます。
場合によっては、栄養面の指導を教えてくれる病院もあります。

【2.保存治療をする】
温熱療法や内服薬や外用薬による治療をする場合もあります。
医師の説明をよくきいて、用法・用量を確認して使用してください。

【3.装具療法をする】
足底板や歩行器などでの治療方法もあります。

【4.手術をする】
人工膝関節置換術と呼ばれる治療を行う場合もあります。
手短な行動もできないようなひどい痛みの場合は、こちらを進められる場合があるそうです。



PAGE TOP